BAT MAN Wiki
Advertisement
バットマン&ロビン
Mr.フリーズの逆襲
Batman & Robin
監督 ジョエル・シュマッカー
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
製作 ピーター・マクレガー=スコット
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
出演者 ジョージ・クルーニー
クリス・オドネル
アリシア・シルヴァーストーン
ブライアン・ドイル=マーレイ
ユマ・サーマン
アーノルド・シュワルツェネッガー
マイケル・ガフ
パット・ヒングル
音楽 エリオット・ゴールデンサール
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 デニス・ヴァークラー
マーク・スティーブンス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1997年6月20日 アメリカ合衆国の旗
1997年8月2日 日本の旗
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $125,000,000[1]
興行収入 $238,207,122[1]
前作 バットマン フォーエヴァー
次作 バットマン ビギンズ
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(バットマンアンドロビン ミスターフリーズのぎゃくしゅう、BATMAN&ROBIN)は、1997年の映画作品。前作『バットマン・フォーエヴァー』(1995年)とほぼ同じスタッフだが、主役であるバットマンを演じるのはジョージ・クルーニーに変更され、スーツ、メカのデザインも再度変更された。またバットガールは、本作が映画シリーズ初登場となる。

概要[]

当時『ER緊急救命室』で人気を博していたジョージ・クルーニーがバットマン役を務めることや、大スターであるシュワルツェネッガーの久々の悪役が話題となった。

だが旧作TVシリーズのようなポップな路線を目指したため、前作までのダークな路線からの突然の変更がファンの戸惑いを生み、北米市場で伸び悩んでしまう。

評価も決して良いものとは言えず、その年の最低な映画を選ぶ「ゴールデンラズベリー賞」の最低作品賞などの計9部門にノミネートしてしまった。またその内の最低助演女優賞をバットガール役のアリシア・シルヴァーストーンが受賞してしまっている。

この悪影響からかシリーズは2005年の『バットマン ビギンズ』まで休止されることとなってしまった。

主演のジョージ・クルーニーは過去に「フィルモグラフィーから消したい一作」だと語っていたが、『ダークナイト』のヒットを受けてコメントを求められた際は「映画も自分の演技も酷かったが、あの映画が転機となって今の自分がある」と語っている。

監督のジョエルは「前作を観て、今作に期待した人がこれを観て、失望したというなら、本当に謝罪したい。そんなつもりではなかったんだ。ただみんなに喜んでもらいたかっただけなんだ」と語った。

スト-リー[]

テンプレート:ネタバレ バットマン&ロビンの前に現れた冷凍怪人Mr.フリーズ。不治の病の妻を冷凍保存する際、事故で氷点下でしか生きられなくなった彼は、冷凍スーツの原動力ダイヤモンドを強奪する。

その頃、南米ではウッドルー教授の実験により、改造戦士ベインが誕生。ウッドルーはこの筋肉増強剤を闇で売りさばこうとしていた。植物学研究者パメラ・アイズリーはその秘密を知った為殺されかけるが植物の毒素と反応を起こし、フェロモンと毒を含有するポイズンアイビーとして蘇生。ウッドルーを始末しベインとともにゴッサムへ向かう。

ブルースの忠実な執事にして親代わりであるアルフレッドは病に冒されていた。命尽きる時のため、彼は自らの後釜として弟を探す。そんな頃、姪であるバーバラが訊ねてきた。ブルースと衝突したディックは彼女に惹かれる。

アイビーとフリーズが手を組む一方で仲間割れするバットマンとロビン。倒れるアルフレッド。そんな中バーバラは、病床のアルフレッドから弟に渡すようにと託された記録ディスクを盗み見し、屋敷の地下秘密基地バットケイブに侵入する…。

登場人物[]

ブルース・ウェインバットマン
ゴッサム一の大富豪であり、ウェイン産業社長プレイボーイぶりは相変わらず。
前作「フォーエヴァー」から共に戦うようになったロビンだが、彼の無鉄砲さに頭を悩ませている。更には、大切な家族といっても過言ではないアルフレッドが不治の病にかかり、気づくのが遅れてしまった事を悔やんでいる。
今回Mr.フリーズを誘き出す為に「ウェインダイヤ」というウェイン家の宝をオークションに出品したか、ポイズン・アイビーの邪魔により奪われてしまう。さらには手を組んだポイズン・アイビーの策略にかかり、ロビンとの関係に亀裂が入ってしまう。
バットマン
ブルース・ウェインがバットスーツを装着した姿。ハイテク装備を駆使した戦闘だけでなく、鍛え上げた肉体のみの格闘戦もこなす。Mr.フリーズとの決戦では寒冷地仕様のスーツを装着している。
ディック・グレイソン(ロビン
曲芸サーカス団員で、前作以降はウェイン家の居候として生活している。
ロビンとして戦うようになったものの、血気盛んな為に猪突猛進気味なのは相変わらず。時には戦闘時に危機に陥ってはバットマンに助けられるという恥ずかしい事態に。その為、逆恨みからブルースと険悪な状態になり、追い討ちをかけるようにポイズン・アイビーの罠にかかり、ブルースを敵視するようになってしまう。
また、アルフレッドの不治の病にかかった事に自分だけが気付かなかった事を悔やんでいる。
ロビン
前作「フォーエヴァー」にてアルフレッドが製作したスーツ。胸にはロビンの頭文字「R」が刻まれている。前作同様、ボディスーツとアイマスク。
ロビンは「駒鳥(こまどり)」の意。
サーカス出身の為、アクロバティックな戦法に長けており、若さゆえの猪突猛進さが良くも悪くも持ち味。
バットマン同様に寒冷地仕様のスーツを最終決戦で使用した。
バーバラ・ウィルソン(バットガール
学校の休みを利用してウェイン家に遊びに来たアルフレッドの姪。ロンドンの名門校に通うお嬢様で、清楚でおしとやかに見えるが、実はかなりのヤンチャ娘。
夜な夜な開催されるバイクレースに出場しては賞金を荒稼ぎする女レーサーの顔を持つ。学校もレース出場がバレて退学同然で飛び出してきていた。家族の中でもアルフレッドを特に慕っており、「執事」という仕事を惨めと捉えており、こき使っているブルース達を嫌い、病気の事を何も気付かなかったディックには冷たく当たっている。さらには惨めな執事の仕事を辞めさせて二人で暮らそうとまで思っていた。
死期を悟ったアルフレッドは自分の後継者として、弟のウィルフレッドを探して渡すようにデータディスクを渡すが、彼女はそれを解読。ブルース達がバットマンとロビンである事を知りバットケイブに侵入した。
バットガール
アルフレッドがバーバラ用に予め製作していた専用のバットスーツ。ロビン同様にボディスーツとアイマスクになっている。
身体の柔らかさを活かした格闘術を持ち、ポイズン・アイビーの罠に飛び込んだバットマン達を救出した。彼女のスーツも寒冷地仕様のものがあり、最終決戦で装着した。
アルフレッド・ペニーワース
ブルース・ウェイン/バットマンに長年仕え、彼を支えてきた執事
ブルースたちには隠していたが、不治の病にかかってしまった為に余命幾ばくもない状態になっている。唯一治療出来るのはMr.フリーズが開発した薬のみである。
バットマンとしての彼らを支える為にも弟のウィルフレッドを探すようバーバラにディスクを託した。しかし、バーバラがディスクのプロテクトを突破する事を予測しており、事前にバットケイブに彼女用のスーツとコンピュータに彼女当てに、二人に協力するようにメッセージを残しておいた。
ゴードン・警視総監
ゴッサム市警警視総監。ブルースの友人であり、バットマンと共に長年戦ってきた戦友である。
今回、ポイズン・アイビーのフェロモンによる誘惑でバットシグナルの鍵を渡してしまった。
ヴィクター・フリーズ / Mr.フリーズ
全てを凍らせる冷凍銃と全身を冷却スーツを身に纏った強盗犯。
元々は良心ある化学者だったが、妻がアルフレッドと同じ病にかかった為、彼女の治療実験中、液体窒素プールに落下してしまい0度以上の体温では死んでしまう身体になってしまった。
以来、冷却スーツを装着しないと生きていられない身体になり、スーツのエネルギー源であるダイヤの強盗を繰り返す。
ブルースのウェインダイヤを奪いに現れた際にポイズン・アイビーと三つ巴の争いになるが、フェロモンの誘惑に負けたバットマン達をよそにダイヤを奪っていく。彼に目をつけたアイビーの罠により、彼の妻がバットマンに殺されたと言われ逆上。復讐の為にゴッサム全てを凍らせる作戦に出る。
パメラ・アイズリー / ポイズン・アイビー
植物に異常な愛着を注ぐ植物学者。化粧はしない、髪はボサボサとまったく冴えない女性でウッドルー博士の助手として働いていたが、博士に自身の研究を盗用されただけでなく、裏の顔を知った為に殺害される。
しかし、自身の研究を盗用していた博士の兵士改造薬と植物とパメラの細胞が融合してポイズン・アイビーとして復活。全ての男を誘惑し惑わせるフェロモンガスと毒の口づけで博士を殺害し、ベインを引き連れてゴッサムに現れる。
Mr.フリーズを誘惑するも失敗した為に彼に固執し、彼の妻が眠る冷凍保存装置を破壊して殺害。それをバットマン達のせいにしてMr.フリーズに世界中を凍らせ、その後は植物が地球を支配する世界を作ろうと企む。
アントニオ・ディエゴ / ベイン
元は大罪を犯した犯罪者。ウッドルー博士の人体実験にベノムを射たれて、多大な怪力を持った怪人ベインへと生まれ変わった。頭の切れる人物でもあった原作とは違い、実験の結果から知性は失われ、アイビーの忠実な部下として働く。
ウッドルー博士
パメラの研究を盗用して開発した兵士改造用の薬ベノムを開発したマッドサイエンティスト。ベノムを裏社会で売買して金儲けを企むが、パメラに知られた事で殺害。しかし、ポイズン・アイビーとして復活したパメラに毒の口づけで殺害される。
原作コミックと異なり、フロロニックマンにはならない。

キャスト[]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
(吹替補完版)
ブルース・ウェイン / バットマン ジョージ・クルーニー 竹中直人 小山力也
(小山力也)
ディック・グレイソン / ロビン クリス・オドネル 宮本充 森川智之
(森川智之)
バーバラ・ウィルソン / バットガール アリシア・シルヴァーストーン 岡本麻弥 石塚理恵
ニョロボン ブライアン・ドイル=マーレイ 緒方賢一
(緒方賢一)
パメラ・アイズリー / ポイズン・アイビー ユマ・サーマン 戸田恵子 田中敦子
ヴィクター・フリーズ / Mr.フリーズ アーノルド・シュワルツェネッガー 大友龍三郎 玄田哲章
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ガフ 松岡文雄 内田稔
御友公喜
ジェームズ・ゴードン総監 パット・ヒングル 緒方賢一 藤本譲
アントニオ・ディエゴ / ベイン ジープ・スウェンソン 郷里大輔 宝亀克寿
マイケル・リード・マッケイ(改造前) 松本大 谷昌樹
ジェイソン・ウッドルー博士 ジョン・グローヴァー 田原アルノ 山野史人
ジュリー・マディソン エル・マクファーソン 日野由利加 松谷彼哉
ノーラ・フライズ ヴェンデラ・カーセボム・トメソン
フロスティ ジョー・サバティーノ 星野充昭 後藤哲夫
ミズ・B・ヘイブン ヴィヴィカ・A・フォックス
(カメオ出演)
吉川亜紀子
リー博士(天文台の科学者) マイケル・ポール・チャン
(カメオ出演)
石井隆夫
吉田幸紘
水野龍司
ゴシップ・ガーティ 佐藤しのぶ さとうあい
その他声の出演 津田真澄
沢海陽子
岡本章子
大黒和広
室園丈裕
佐藤美智子
柳沢栄治
高瀬右光
磯辺万沙子
廣田行生
藤原美央子
相沢正輝
室園丈裕
吉田孝
芝原チヤコ
水内清光
河相智哉
日本語版制作スタッフ
演出 蕨南勝之
翻訳 平田勝茂
効果 リレーション
調整 小川るみ
滝沢康
荒井孝
プロデューサー 貴島久祐子 島袋憲一郎
松田佐栄子
音響制作 相原正之
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
東北新社
ブロードメディア
初回放送 2000年1月16日
日曜洋画劇場
  • テレビ朝日版は2014年12月20日にWOWOWでカット部分(約8分[2])を追加録音した「吹替補完版」が放送。
  1. 1.0 1.1 "Batman & Robin (1997)". Box Office Mojo. 2009年12月18日 閲覧。
  2. テンプレート:Cite tweet
Advertisement